目的別カードローンでお得な少額ローンに

8月 11th, 2014

消費者金融や銀行の行っている少額ローンサービスで人気の高い商品は、即日審査、スピードキャッシングなどと言われているフリーキャッシングだそうです。フリーキャッシングでは、借りたお金を原則として自由に使っていいという条件があるので、利用しやすいという点も人気の秘密だそうです。


目的別カードローンで利息をお得に

目的別カードローンの場合、利用する目的が制限されます。借りたお金は原則として自由に使うことのできるフリーキャッシングと違って、一部の目的に制限された中で利用するカードローンです。しかし制限は大きくジャンルに分かれているような感じなので、最初から一つの目的でお金を借りるというのであれば、不便を大きく感じることはほとんどないと言われるそうです。


ブライダルやペットなど

ブライダルや、ペットに関わることなど、現金がその場で大きく動くことの多いローン商品の場合、目的別カードローンになっていることが多いようです。目的を会社が決めているケースが多いですが、それ以外にも自分で目的を定めて会社と利息面を相談できる消費者金融などもあるそうですから、定まった目的のために使うというときには、目的別カードローンの条件などをチェックすることでスムーズに利用できるかと思います。

関連PR→→→お金がない|ギャンブラー、自分の運命を変える(http://www.dialogal.com/)

おまとめローンの審査は何をチェックするの?

7月 11th, 2014

カードローン商品を扱う会社で、ここ数年非常に増加しているのが、おまとめローンという金融商品です。カードローンの中でも、返済に大きなウエイトを置いているローン商品となっているため、他のフリーキャッシングなどと比較すると、審査面でも違いが多いそうです。


おまとめローン審査は、今ある借金を返済するツール

まず審査を新しく行う、新しいローン商品で借り換えを行うという点はありますが、ローンの利用で借金を増やすものではないというのも、他のカードローンとは違う点かと思います。返済期間などで返済総額に変化はありますが、元本そのものが変わるわけではないというローンです。そのため、現在あるローンの金額という問題よりは、注目されるのは本数といわれるそうです。


限度額などに注目する審査を行うカードローン

おまとめローンの場合、カードローンを借りた状態からの審査なので、他の会社で決められた限度額を見ているという声があるそうです。限度額は、年収や返済の遅延がないか、など借りている人の信用に応じて上がるものという考え方を行っていますから、借金の本数が少ないという場合のほうが借りやすくなるそうです。カードローンでは珍しく、総量規制対象からも除外されたローン商品となっています。

カードローンで利用できるATMを調べよう

1月 21st, 2014

カードローンを選ぶときは何を基準にしていますか?利息や最低返済金額などはもちろんですが、忘れてはいけないものに、利用できるATMがあります。現在は多くのコンビニエンスストアなどのATMとも提携しているところが多いのですが、利用時に手数料がかかってしまうこともあるのです。


カードローンのATM手数料を調べよう

ATMそのものがどこでも使えたとしても、利用するときにお金がかかってしまうのは少しもったいないと思いませんか?またATMの返済手数料無料となっている場合は、借り入れのときに手数料を取られてしまうところもあります。多くの場合、1万円の借り入れで100円程度ですが、カードローンのいいところは限度額内の借り入れ、返済が自由にできるところです。


提携銀行やATMの利用できる時間も比較しよう

ATMそのもののメンテナンスなどがある場合は仕方ないですが、それを除いて、自由に利用できる時間はどのくらいあるのか、提携銀行のATMなど、手数料無料で利用できる場合、そのATMがどこにあるのかなどをちゃんと調べておきましょう。公式サイトでも検索ができるところも少なくありません。また公式アプリなどでも現在地から調べられるサービスもあるそうですから、活用しましょう。

無利息期間のあるカードローンを活用

1月 21st, 2014

カードローンのサービス利用者が増えているそうです。カードローンの中には無利息で利用できる期間を設けているものもあります。初回の利用限定や、完済していれば何度でも利用できるものなど、会社によってこの期間や値段の上限もさまざまです。


無利息のカードローンはどうお得なの?

もちろん、本来支払うべき利息が一時期でもかからないのはお得だというのはわかるかと思います。また
長い目で見ると、利息の負担が金額も減るということは知っていますか?カードローンの利息は、借り上げ残高というまだ返済していないお金に対してかかります。つまり、このお金を減らすことで利息の負担額も減るのです。無利息の期間は、お金のすべてが返済に充てられます。


繰り上げ返済などを活用して

無利息の期間がどの程度なのかは会社で異なりますが、この期間に完済すれば、利息は0円でお金を借りることができる会社もあると言われています。また、完済は無理でも、この期間内に繰り上げ返済などで借り上げ残高を減らすことで、利息の負担も小さくなり、後々の返済が非常に楽になります。このようなサービスを活用して、便利でお得にカードローンを利用しましょう。

カードローンの審査って何するの?

1月 20th, 2014

カードローンに申し込む時に一番躊躇ってしまうのは「審査」という2文字を見た時ではないでしょうか?
特に初めて申し込む時は、「審査って何されるんだろう?」と考えると不安にもなりますよね。


カードローンの審査で見られること

まずカードローンの審査で見られることは、「その人(申込者)が実在するか」という点です。どこの誰か分からない状態でお金を貸してしまうことだけは絶対に避けるべきことなので、申込者が実在するか、確実に連絡を取り続けることが可能かどうかという点だけは何よりもしっかりと確認しなくてはいけないことです。
そして、きちんと約束を守ってくれる人かどうかということも見ています。
他の消費者金融の利用記録などがないかの確認など、「お金を借りるだけ借りて返さないような人ではないか」という確認します。


収入は2の次?

カードローンの審査で最重要のは上記2点なので、「大企業に勤めている」「収入がいっぱいある」ということは、決して「顔パス」になるほどポイントが高いわけではありません。
もし「大企業」に影響力があるとすれば、「大きい会社だから、入社時の身元確認などをしっかりやっているだろう」という信頼性が増すくらいのものです。
なので、「無名な会社に勤めているから不利?」というようなことはありません。

使うカードローンは絞り込む

1月 20th, 2014

カードローン商品には大きな額の借入に向いた商品や少ない額の借入に向いた商品、即日融資に対応した商品など適材適所が存在します。その為上手く管理し運用する事が出来れば一枚のカードで何もかもを賄おうとするよりお得な事があります。しかしカードローンの増やしすぎにはリスクも伴うので注意が必要です。


カードローンを複数持つリスク

実は人がカードローンを持てる枚数に限界があります。基本的に一人の人が持つ事のできるカードローンは最高で3~4枚でありそれ以上は審査に受からないのが一般的とされています。また枚数が増えれば増えるほど返済日や返済方法等をわかりやすくまとめておかないとうっかり返しそびれた際には遅延損害金として高めの利息が取られるばかりか、信用情報に傷を付けかねません。


おまとめローンで借入先数を減らす

もちろん所持しているカードローン全てにきちんと目が行き渡るのであれば使い分けは有効な手段ですが、もし不安を感じたら一度最低金利の低い商品や「おまとめローン」と呼ばれる商品を利用し借入先の数を減らす方法が有効です。これは1社から大型の融資を受ける事で現在お金を借りている会社何社かを繰越完済する方法で、管理が楽になる他最低金利次第では利息も安くする事が可能です。

カードローンの比べ方

1月 20th, 2014

カードローンにも今や利用者需要に応じて多くの種類があり、それぞれに向き不向きといった個性が存在します。カードローン商品の中から自分に適した商品を選ぶのはその数故に以前ほど簡単ではなく、またお金や損得に直接関わってくる為少しでもいいものを選びたいと思うのは至極真っ当な事だと思います。そこで各社の商品を比較する際にどういった点に注目すべきかまとめてみました。


カードローンの比較項目

カードローンを比較する上でまず目につくのは金利や年利の項目です。これは具体的に借入額に対して何%の利息が発生するかを表す数値であり、当然年利が高ければ高いほど利息が増えます。その為少しでも借りた額をそのまま返したい、損をしたくないといった方は金利の低い商品を選ぶと良いでしょう。また多めの額を将来的に借りる予定がある人はその商品がいくらまで最高で借りられるかを示す最高限度額にも注目すると良いでしょう。


金利かスピードか

ただこれら低金利高限度額の商品は一般的に審査に通るのが難しくまた融資までに時間がかかると言われています。その為例えば多少金利が高くても即日審査や即日融資に対応した商品がいい、審査に通りやすい商品がいいといった方も多く居ます。